日記

2022-01-18 13:49:00

3日間の展示会を終えて

スライド5.JPG

瑞浪・土岐でおしゃれな家を建てるゆうホームのコラム 3日間の展示会を終えて

瑞浪市 土岐市 多治見市を中心に

東濃地方で新築・リフォームを手掛ける

街のハウスメーカー、ゆうホームの永井です。


瑞浪市で開催させていただいた

小さな平屋の見学会。

おかげさまで大盛況でした!
おうちをお貸しいただいた

Nさまありがとうございました。

やっぱり平屋はいいですね!
家事動線が短くすむのが一番の

メリットだと思います。

移動が少なくなればなるほど、

家事は楽にこなせますからね。

弊社では間取りを考える時に

家事動線を一番に意識して

設計しています。


今回見学いただいたお客様にも、
「家事動線が理想!」
「おしゃれなうえに使いやすそう♪」
「漆喰の塗り壁がかっこいい!」
「洗濯がラクになりそう♪」
などなど、たくさんお褒めの

言葉をいただきました。

弊社スタッフは私ひとりなので、

業務は必然的に私がすべて行います。

設計からアフターサービスまで

一貫して私が行うことで、

当たり前ですが、

大手ハウスメーカーや

分業制の工務店で

起こり得る情報の行き違いが

弊社にはありません。
家づくりは多くの事を

決めなければなりません。

また間違えた場合、

修正することは可能ですが、

それには多くの労力と

時間とお金がかかってしまいます。
従ってそういう行き違いが

起こらない事は、弊社の大きな

強みの一つなのではないかな?

と思ったりもします。

見学会最終日には

Nさまのご家族にも

来ていただき、お引渡し式を

させていただきました。
Nさまにもとても喜んでいただき、

本当にうれしい限りです!
新しい家に住まわれて、

これからが本当のお付き合いの

始まりです。Nさま、今後共

よろしくお願いします!

 

2020-10-21 19:05:00

最近うれしかったコト

スライド3.JPG

瑞浪・土岐でおしゃれな家を建てるゆうホームのコラム 最近うれしかったコト

瑞浪市 土岐市 多治見市を中心に

東濃地方で新築・リフォームを手掛ける

街のハウスメーカー、ゆうホームの永井です。
家づくりの仕上げ時期になると、

様々な職人さんが現場に入ります。

タイル張りや壁を塗ってくれる

左官屋さん。

クロスを張ってくれる

クロス屋さん。

外壁や屋根を仕上げてくれる

板金屋さん。
この職人さんたちは、

もちろん弊社に限らず

いろいろな建築会社さんへ

出入りしています。

そんなたくさんの現場を

ご覧になっている職人さんたちに、

最近お引渡しをした

土岐市のK様邸で話をしていると

こんなことを言われました。
「いろんな会社の現場見てるけど

永井さんとこの現場が一番感じええね。

こないだのリノベーションの

現場もそうやったけど、

雰囲気がええわ。」

「そうそう、シンプルやけど

センスがええよねぇ・・・」


これはめっちゃうれしかったです!
建築のプロである職人さんに

こんなことを言ってもらえるとは。
もちろんお世辞はあるでしょうが。。。笑

弊社の家は、

決してめっちゃカッコいい!

とかすごくかわいい!

とかではありません。
でも使う人、住む人が使いやすいコトを

一番に考えています。
普遍的なデザインであること。
世代を超えても古さを感じないこと。
流行に左右されないこと。
これらを基本的なコンセプトとし、

設計しています。
そんな考えに共感して

もらえたのかなぁと思いながら、

一人でうれしくなった一日でした。

 

2020-06-15 18:52:00

普遍的なデザインを目指して。

スライド3.JPG

瑞浪・土岐でおしゃれな家を建てるゆうホームのコラム 普遍的なデザインを目指して。

瑞浪市 土岐市 多治見市を中心に

東濃地方で新築・リフォームを手掛ける

街のハウスメーカー、ゆうホームの永井です。
自分で言うのもおかしいのですが、

弊社の建てる家は決して

「すごくかわいい」とか

「すごくかっこいい」とか、

そういうことはありません。

それよりも

「何年経っても古さを感じない」

ということをデザインの

基本的なコンセプトにしています。

ファッションでも同じ事が

言えると思いますが、

その時流行しているスタイルは

確かにかわいく見えますよね。
ただ10年前に流行った服を

今着てみて、かわいい!と

思えることは少ないので

はないでしょうか?
家はファッションとは異なり、

永く住まう場所ですから、

流行り廃りのないデザインや

暮らしの変化に対応した間取りに

することが大切です。

そんな普遍的な価値が備わった

家づくりを弊社では目指しています。

「家」とは人生において、

“家族が幸せに暮らすための器”

であると思っています。

もちろん、現代の家において

必要な断熱性能

弊社の家は断熱等級4仕様

ZEH仕様と同等クラス

耐震性能は備えていて

当たり前だと思いますが、

必要以上に性能の良い材料を

取り入れ、予算が高くなってしまい、

日々の暮らしを圧迫し、

結果家族が幸せに暮らせないのであれば、

家は建てない方が良かったのでは

ないでしょうか?

家は費用をかけようと思えば

どれだけでもかけられる

ものだと思います。

でも家は人生を豊かに過ごすための

ツールの一つに過ぎません。

たとえお客様がそれを望まれても、

必要ないものは「本当に必要なのか?」

をお客様と一緒に話し合い、

時にはオススメしないことも家

造りのプロである私の仕事だと

思っています。
従って、性能はもちろん重視しますが、

それ以上に「暮らしやすさ、心地よさ」

も大切にするようにしています。
だからこそ私は、他社様に比べて

お客様のお話をじっくり深堀りして

聞かせていただくようにしています。
少しだけ手間はかかるかもしれませんが、

そうすることによって住まわれる方が

「本当に建てて良かった」と

思える家になると考えています。

 

2019-06-11 18:34:00

『新築を手掛ける理由』

スライド4.JPG

瑞浪・土岐でおしゃれな家を建てるゆうホームのコラム 新築を手掛ける理由

瑞浪市 土岐市 多治見市を中心に

東濃地方で新築・リフォームを手掛ける

街のハウスメーカー、ゆうホームの永井です。


初めての日記を書くにあたり

私がどうしてこの仕事を

始めるに至ったかを

書きたいと思います。

 

以前私は地元のリフォーム会社に

勤めており、数年間下積みした後

自身でリフォーム会社を立ち上げました。


新築とリフォーム。

何となくリフォームのほうが

簡単そうに見えますよね。

でも実は、新築よりも

リフォームのほうが難しいのです。


そもそも新築は

何もない土地が用意されていて、

そこに設計図通りに作るわけです。


ま、もちろんつくるだけと言っても

大変なのですけど。。。笑

新築で設計図通りに進まない

といったトラブルなどが

起きる心配もほとんどありません。


これに対してリフォームだと

そうはいきません。
解体してみたら基礎が

ボロボロになっていた。
柱が曲がっていた。
ひどい場合は家が傾いていた

ことだってあります。

リフォームだとこのような

様々なケースに対応していかなければ

ならないのです。
従ってリフォームは、

新築に比べて家のことを

知り尽くしている必要もあり、

知識も技術も経験も豊富で、

自信がなければできません。

このような仕事をしてきた私ですが、

ある時こんなお客様から

ご依頼がありました。
そのお客様はまだ建てて

数年しか経っていないのに

リフォームをしたいとのこと。

そんなご相談に来られたのですが、

よくよくお聞きしてみると

お家のいたるところに不満があり、

できれば建て替えたいくらいだ

とおっしゃるのです。
さらにお聞きすると、建てる際に

打合せしたハウスメーカーの担当者が、

実際工事が始まる時にはいなくなっていて、

担当者が変わったことで

話をしたのに要望が反映されておらず、

結局自分たちの希望が聞き入れて

もらえなかったということなのです。

客様にとってはもちろん初めての家づくり。

分からないことだらけの状態で

間取りなども住宅会社に

任せっきりのようでした。
そんなお客様との出会いも背景にあり、

また自分自身が住まいの不満を

解消するお手伝いをしてきた経験や

住宅のメンテナンスや

修繕をしてきた経験を

役に立てることはできないだろうか?


と考え、新築の事業をスタートさせました。

家は建てる事がゴールではありません。
建てた後、いかに幸せに

暮らし続けることができるか?

そんな視点で家づくりを考えています。

 

 

1 2 3 4 5 6 7