ouchi column

2019-06-11 18:34:00

『新築を手掛ける理由』

 私は地元のリフォーム会社に勤めていたのですが、そこで数年間下積みをしたのち、リフォーム会社を立ち上げました。

 新築とリフォーム。何となくリフォームのほうが簡単そうに見えますよね。でも、実は新築よりもリフォームのほうが難しかったりするんです。

 

そもそも新築であれば何もない土地が用意されており、そこに設計図通りに作るだけ。(ま、つくるだけでも大変なんですけどね。笑)

設計図通りに進まないといったトラブルなどが起きる心配もほとんどありません。

これに対してリフォームは、解体してみたら基礎がボロボロになっていた、柱が曲がっていた、ひどい時には家が傾いていた、

など様々なケースの家があり、それらに全部対応していけなければいけません。

 

このように、リフォームは新築に比べて家のことを知りつくしている必要があるので、知識も技術も経験も豊富でなければ出来ません。

このような仕事をしてきた当社なのですが、ある時こんなお客様からご依頼がありました。

 

そのお客様は、まだ建てて数年しか経っていないのにリフォームをしたい!とうちに

ご相談にみえたのですが、お伺いしてみると、お家のいたるところが不満で仕方がない、できれば建て替えたいくらいだとおっしゃるのです。

 

よくよくお話しを聞いてみると、お家を建てる際に、建てたハウスメーカーの打ち合わせと

実際に工事が始まってからの担当者が変わってしまい、話をしたのに聞いていないなど、自分たちの希望が聞き入れられなかったそうです。

お客様にとっては初めての家づくり。分からないことだらけの状態だから

間取りなども住宅会社にまかせっきりの家づくりになってしまったようでした。

 

そんなお客様との出会いがあり、また、自分自身が住まいの不満を解消するお手伝いをしてきた経験や、

住宅のメンテナンスや修繕をしてきた経験を役に立てないだろうか?と考えたことから新築事業がスタートしました。

 

家は建てる事がゴールではない、建てた後、いかに幸せに暮らし続けることが出来るか?という当社の方針はここから始まっています。

 



1